株式会社 エコラボ

太陽光発電の販売、管理・オール電化のことなら|株式会社エコラボ

外部リンク

再生可能エネルギー

 

JEPAロゴ

 

 

NPC

 

太陽光発電アドバイザー

 

TSC

 

U-I 合同説明会

 

Facebookはこちら

HOME»  メンテナンス
メンテナンスロゴ
10kW以上の発電設備については、20年間という長期にわたる発電した電力の買取が続きます。
太陽光発電設備は屋外に設置するため、20年の間に様々な不具合やトラブルに合うことが想定されます。
また、故障・不具合だけではなく、販売店や施工店の事業からの撤退といった事象も少しづつ出てきております。
このような現況かにおいて、これまで長らくメンテナンスについては業界全体としても重要視されてきませんでした。

今後間違いなく増加する様々な不具合・トラブルの予防、発見、
不具合が発生した場合の1次対応による早期の解決に繋げるためにも、設備のメンテナンス・管理がますます重要になってきています。

今後想定される事象


【パネル編】

汚れ(砂埃・黄砂・花粉・落ち葉)

太陽光パネルは野外に設置するので、環境からの汚れが発生します。
基本的に太陽光パネルは傾斜をつけて設置しているので、汚れが一時的に付着しても、雨が降るとほとんどは自然に洗い流流されますが、全ての汚れが洗い流される訳ではありません。
高い発電効率を長期間安定して保とう考えるなら、点検はもちろんのこと清掃などが全く必要がないわけではありません。
特に濃い影が発生する、落ち葉などは注意が必要です。

ひび割れ・経年劣化

表面が割れる原因でもっとも多いのがカラスによるイタズラです。割れたからといってすぐにそのパネルが発電量が0になるわけではありませんが、確実に発電量は落ちます。
さらに割れた状態を放置しておくと最悪の場合、火災の原因となることもあります。
その他、目に見えないマイクロクラックや、それが元で起きるスネイルトレイル(外気などの影響で収縮を起こしズレが生じる現象)などがあり、これらが原因で海外では実際に重大な事故につながったケースも報告されています。


鳥の糞

鳥のフンなど、頑固に付着してしまった汚れは、雨ではうまく洗い流されないこともあります。落ち葉同様パネルの一部に濃い影が入るようになると、影の面積以上に発電量が低下してしまう場合があります。
特に設置している場所の上に電線が通っており、そこによく鳥がたむろしている場合はさらに注意が必要となります。

【パワコン編】

さび・腐食等の経年劣化

パワーコンディショナー内部には精密機械が搭載されています。腐食によって機器の動作に影響が出ることが考えられます。

PCさび・腐食

以上停止による放置

PCエラー表示

フィルター目詰まり

 パワコンは、太陽光パネルが生み出した直流の電力を、交流に変換して電力系統に送る装置で、性質上電力を変換する過程で激しく発熱します。この熱の発散が不十分だと、関連部品の温度が上昇し性能や寿命の低下、故障などが生じる恐れがあります。

フィルター目詰まり

【システム編】

雑草による発電量低下

雑草が成長し、パネル表面・前面を覆ってしまうことにより、影を作発電量が減る。
影の部分が電気抵抗となり、発熱・破損の危険性がある。(ホットスポット現象

雑草の茎や葉(特につる性雑草)が、モジュールのすき間などに侵入したり、フェンスなどに絡みつき破損の要因となる。

雑草被害

人為的ミス

コネクタ不良

より詳細な不具合事例

経済産業省・資源エネルギー庁のウェブページ(太陽光発電チャンネル)では、
映像で不具合事例と対処方法を掲載しています。