rss

HOME»  SDGs

SDGs達成に向けた取り組み

株式会社エコラボは、SDGs達成に向けて以下の10の目標に重点を置き、

持続可能な開発目標として貢献することを宣言します。

太陽光発電事業を通して、地球環境保全に貢献します

数々の太陽光発電設備の設計・施工をすることで、主力電源として位置づけされている再生可能エネルギーの持続的な普及に貢献してきました。

創エネ【太陽光】・畜エネ【蓄電地】・省エネ【LED照明等】を活用した事業を立ち上げ、無駄なく使いクリーンなエネルギーを創り・賢く蓄え・自然と共生をテーマに脱炭素社会の実現を目指し取り組んでいます。

その反面、太陽光発電業界では、十分な知識がないまま施工が行われた設備やメンテナンスが行われていない設備の増大が問題視されています。

このような問題の改善のために、当社はメンテナンス事業に力を入れ、発電所が安定稼働し、安定的なエネルギーを供給できるよう運営・管理をしていきます。


▶太陽光発電設備の設計・施工
▶再生可能エネルギーの導入推進
▶太陽光発電設備のメンテナンス事業推進

男性も女性も平等に活躍できる職場環境に努めます

当社は代表取締役社長をはじめ、多くの女性従業員が活躍しており、女性従業員の割合は約6割(2019年3月現在)になっています。

出産や育児・介護等のライフイベントに合わせた働き方を大切にしているため全ての従業員が仕事と家庭の調和に努めています。

加えて、年齢・学歴・性別等に左右されることなく、多様な人材を受け入れ、平等な教育と配置、業務を行い、貧困につながる「働きたいが働けない環境」の改善に貢献します。
 


▶女性従業員約6割
▶男性も女性も活躍できる職場環境づくり
▶ダイバーシティマネジメントの推進
▶有給休暇奨励日の導入

学び続けることができる環境づくり

社内従業員だけでなく、太陽光事業者様・協力店業者様・地域の方等、多くの方が学び続けることが出来るよう、各種セミナーや講演を開催することで学びの場を創出しています。

また、積極的に展示会等へ参加しており、幅広く情報発信を行っています。
 


▶研修・資格取得など学習できる仕組みを社内に構築
▶各種セミナーや講演の開催
▶展示会等へ参加し情報発信
 (過去参加展示会:スマートエネルギーweek2018、資産運用
 EXPO2018・2019、第10回太陽光発電システム施工展)

働きがいのある環境づくり

国を挙げて推進している働き方改革の実現に向け、代表取締役社長の考え「従業員は家族」の理念を重視し、人にやさしい企業を目指し取り組みを進めています。

また、職場での問題を平和的に解決できるように社内ミーティングの場を設け社会対話の促進をしています。

仕事の創出・社会保障の充実・社会対話の推進・仕事における権利の補償の四つの観点から働きがいのある人間らしい仕事(ディーセント・ワーク)を実現します。
▶働き方改革の実現
▶長時間労働の削減
▶社内ミーティングによるチームワーク向上
▶各種研修・資格取得推進による従業員の主体性向上

持続可能な開発目標に向けて、パートナーシップの活性化を目指します

当社は複数の団体に所属しています。再生可能エネルギー業界の発展のため、最先端の情報を共有し、お互いに利他の精神のもと、様々な企業や団とのパートナーシップにて連系を深め、持続可能な開発目標を達成していきます。


▶所属団体

 ・太陽光発電安全保安協会中国地区事務局

 ・中国地方電気工事業協同組合

 ・福山市商工会議所

 ・日本住宅性能検査協会